九州大学大学院総合理工学府・先端エネルギー理工学専攻
先端エネルギーシステム開発学講座・エネルギー化学工学教育分野
本文へスキップ

片山研はエネルギー化学工学分野の教育と研究を行う九大のまじめな研究室です.
九州大学大学院総合理工学府・先端エネルギー理工学専攻
先端エネルギーシステム開発学講座・エネルギー化学工学教育分野

卒業後の進路

卒業生は、幅広い分野に就職され、日本各地、いや世界各地で活躍しています!
ここではこれまでに片山研究室(旧深田研、旧西川研含む)を卒業された先輩方の就職先をご紹介します。修士卒以外の場合は、( )をつけています。
学士・修士・博士修了年度 進路
令和2年度(2021年3月卒)   クボタ、富士通、トヨタ自動車、東芝エネルギーシステムズ、九大博士課程
令和元年度(2020年3月卒)  JFEスチール、日油、東京エレクトロン、九州電力、日産自動車
平成30年度(2019年3月卒)  J-POWER(電源開発)×2、三井海洋開発、明治(meiji)
平成29年度(2018年3月卒) 東京電力、新日鉄住金、三菱日立パワーシステムズ、三菱ケミカル、原子力エンジニアリング、関西電力(学部卒)
平成28年度(2017年3月卒) 九州電力、中部電力、東京電力、アダストリア、学習塾(学部卒)
平成27年度(2016年3月卒) 三菱日立パワーシステムズ、九州電力、東京電力、沖縄電力、JFEエンジニアリング、東燃ゼネラル石油
平成26年度(2015年3月卒) 三菱マテリアル、JR西日本、川崎重工業、三井海洋開発、福岡県庁(学部卒)、福岡市役所(学部卒)
平成25年度(2014年3月卒) 中部ガス、JX日鉱日石金属、千代田化工建設、JR九州
平成24年度(2013年3月卒) パブコック日立、三菱重工業(2名)、中国電力、TOTO、中部電力
平成23年度(2012年3月卒) 日本原子力研究開発機構(博士卒)、三菱重工、九州電力、東洋エンジニアリング、千代田興産、九州大学(学部卒)
平成22年度(2011年3月卒) 福岡市役所(2名)、東芝、豊田通商(学部卒)、Panasonic(学部卒)
平成21年度(2010年3月卒) ダイキン、三菱重工、中国電力、中部電力
平成20年度(2009年3月卒) 旭化成、東芝、川崎重工、NEC、博士課程進学
平成19年度(2008年3月卒) JR九州、富士通、三菱重工、千代田化工建設、GNF-J、IBM、半導体エネルギー研究所、日揮(博士卒)、FUTURE(博士卒)
平成18年度(2007年3月卒) 公務員、日揮、GNF、トヨタ、ソニーLSI
平成17年度(2006年3月卒) マツダ、GNF、千代田化工建設、ヤンマー、デンソー、三菱重工
平成16年度(2005年3月卒) ソニーセミコンダクター九州、ノリタケ、旭化成、京セラ、博士課程進学(2)
平成15年度(2004年3月卒) 九州朝日放送、富士通BSC、警察庁、ディスコ、京セラ、太平洋セメント、経済産業省(学部卒)、九州大学(博士卒)
平成14年度(2003年3月卒) 日本ユニシス、三井住友銀行、日揮、西部ガス、ユニバーサル・アドワークス、三菱化学、カールスルーエ研究所(博士卒)
平成13年度(2002年3月卒) 野村総合研究所、アルバック、三菱商事、日本原子力発電、東京電力、東芝、リキッドガス(社会人博士)
平成12年度(2001年3月卒) 三洋電機、三菱自動車、富士重工業、九州環境管理協会、マレーシア大学、博士課程進学
平成11年度(2000年3月卒) 東京エレクトロン、水素エネルギー研究所、日立エンジニアリング、中国電力、ハイマックス(学部卒)、日本ガイシ、日立製作所
平成10年度(1999年3月卒) 福岡県庁、クラレ、日本プロセス、中国電力
平成9年度年度以前 日新製鋼、関西電力、三菱電機、科学技術庁、三菱重工、中国電力、関西電力、京セラ、東京電力、日本原子力研究所、日立製作所、九州電力、日立製作所、日揮 など

所在地

片山研

〒816-8580
福岡県春日市春日公園6—1
九州大学筑紫キャンパスH棟